こわ〜い話のはなし

小さい頃、僕はこわがりで夜真っ暗(田舎ですから)になると
いろんな事妄想、、じゃなくて想像したり
切ったばかりのTVの真空管が『パチッ』とか音がすると
一人で震え上がってたもんです

そんな僕にこわ〜い話、しかもいかにも自分が経験したかのような
具体的な話をして、増々僕は恐がりになってしまいました(笑)
話を聞いたときだけでなく、思いだしてぶるぶる震えたり
夢にまで画像になってでてきたことがありました

子供をビビらすような、そんなしょうもないコワい話をしてくれた父が亡くなって
今日でちょうど一年目です



中学以降になると自分の好きな物買うようになるでしょう?
ラジカセ、オーディオ、模型、車の部品‥‥etc
それぞれにいちいちケチを付けてくれた父でしたが
最近になって、初めて『これええなあ』ってほめてくれたものがあります

それがこの腕時計。
f0050651_20581618.jpg

あれ?オレこんなに毛深かったっけ?(笑)

意外な物が気に入るんだな〜
と思ったもんです



今日、一周忌で父の写真みながらそんなこと思い出してました
[PR]

  by cobolhouse | 2010-05-04 21:04 | その他 | Comments(2)

Commented by プリボンファミリー at 2010-05-07 06:25 x
むにゃむにゃさん、ファミリーみなさん、おはようございます。
プリボンファミリー・プリボンパパです
そうでしたかぁ~お父さんがなくなって1年、一周忌だったんですねっ うんうん わかります 亡くなってからいろいろ思い出しますよね。思い出し、なつかしむのが供養にもなりますよねっ。
プリボンパパも、父親の事なつかしく、楽しく話せるようになったぁ~。今年で17年だなぁ
Commented by むにゃむにゃ at 2010-05-07 20:48 x
そうか〜、、『思い出すのも供養……』

そういや人が二度死ぬってきいたことあるなあ
一度は亡くなった時
二度目は他の人の記憶から無くなった時

プリボンパパさんちは早くに亡くなったんですね。。

<< twitter 里親募集のお知らせ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE