電池液漏れ

昔と比べてプエルちゃんの「だれだっけ?」発言をよく効くようになった昨今。
またコプエルを連れ歩く事も少なくなって、ながいことほったらかしにされちゃってる子もいたりして。

2年程前には初めてコプエルの乾電池が液漏れしてるのが発覚。
不幸中の幸いでちょっと漏れてるだけで見つけられたのですが、それからは半年に一回くらい全員の液漏れチェックをするようにしてます。
今までの経験から液漏れはリモコンや時計とかの長く電池が持つタイプで電池が減ってきてるのにまだ機器は作動してて数年経ってるものに起きるようです。
また、プエルから取り出した電圧ほぼゼロの電池を置いているだけで液漏れしてるって例もあります。

最近またショッキングな液漏れがありました。
それはコレ                                           

f0050651_23103499.jpg

LED懐中電灯です。



何年も点灯するもんだからそのまま使ってましたが、
開けてみてビックリ! 
f0050651_23103117.jpg


粉吹いてました。。


液漏れしたのが固まって粉になるのか? どうか詳しいことは知りませんが
この粉絶対触ってはいけません。
また基盤に着いたり布地についたりすると腐食してしまうので拭きたいところですが
大抵は『時既に遅し』でしょう。

まあ、懐中電灯なんてまた買えばいいのですがプエルちゃんがこうなってしまうと泣くに泣けないので皆さん気をつけましょう〜!!!


ところで、プエルの電池液漏れチェックしてる時にコプエルのBタイプって2年くらいもってるので試しにマイナス極のとこを匂うとちょっと酸っぱい匂いがしました。
これって液漏れの兆候かも……??
ということでまだおしゃべりしてるのですが電池交換しました。

ちなみにうちでは有名メーカー国産電池オンリーです。
(made in Japanではないマンガンはパナしか入手できないので例外)


震災後大量に輸入されてた電池も液漏れで回収されてるので皆さんもご注意を〜〜!!
[PR]

  by cobolhouse | 2013-02-07 23:24 | プエル | Comments(0)

<< ノア号リフレッシュ? 節分の日前後 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE