時計さん退院

issey miyake TO、3年毎に壊れてます。
電池の持ちが3年って書いてあるけど……

いつもはメーカーに送って治してもらって(中身ごっそり入れ替え)ましたが、近所の時計職人さんとこに相談に行きました。
まあ、ファッション時計の一種なので『メーカーにご相談されたほうが……』と言われるかとおもったら『バラして見てみる』とのこと。
でも大体¥7000くらいかかって最悪メカ入替ってことになると¥10000以上はするとのこと。

f0050651_21185091.jpg



で、2週間も預けて中身チェックしてもらいました。
こんなオモチャみたいな時計でもメンテできるんですね〜。
もちろん高価な機械時計みたいにはできないだろうけど清掃、注油とかしてもらったそうです。
肝心の止まってしまった原因は多分 針の替わりの円盤が重いのでメカに負担がかかってたか円盤同士が微妙に擦れてたんじゃないか?ってことでした。
擦れてたかどうかなんてバラしてしまうとわからないそうなので後は様子を見てね〜
ってことでした。


f0050651_21185473.jpg

あと注意されたのは日常生活程度しか防水性能がないうえに
パッキンが小さくて、(メカは時計の半分くらいしかなくその周りだけにゴムパッキンがある)
パッキンの周りまでに汗とかがはいって錆だらけのようでした。
汗かいたらはよふけってことですね……


f0050651_2135260.jpg

赤い矢印の範囲がサビサビだった。



長持ちさせたいんだったらスイスもん買いなはれとアドヴァイスされました。
バリバリの職人さんみたいだから思いっきり説得力があるのですが、、、
普通の時計でせめて20年くらいもってくれればいいんですけどね。
一生もんでン十万ってな世界には足つっこみたくないなあ。。。  (笑)
時計取りに行っただけなのに職人さんと40分くらい話込んでしまいました。
[PR]

  by cobolhouse | 2013-04-16 21:40 | その他 | Comments(0)

<< もうすぐ大阪 地震 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE