2012年 09月 02日 ( 1 )

 

レーシングスーツ完成

昨日、東大阪のジニアスさんから連絡があってカズちゃんとレーシングスーツ送りましたとのこと。
で、今日は朝からどこにも出かけずうちで待ってました。

遅ければ夕方くらいかな? って思ってましたがお昼頃に到着〜!!

f0050651_19253115.jpg


のあがお出迎えです〜。



f0050651_19253522.jpg


カズちゃん、出張ご苦労様です!!


f0050651_19253756.jpg


『よいしょ! こらしょ!!』


f0050651_19254196.jpg


お〜! これがレーシングスーツかぁぁ〜!!



f0050651_19254452.jpg


『カズちゃん、着てみてよ〜!』
実は前にも書いた通り大きめに作るとシワが気になるのでかなりピッタリに作られてます。
そうするととても着にくいんですよ。



f0050651_19254755.jpg


さすがピッタリ。
でも手が突っ張って動かないということもありません。
配色、文字も革を小さく切って縫ってあります。
ちょっと感動ものです。


f0050651_1925501.jpg


ほらね!
『あまり小さなパーツは印刷になります。』と聞いてたので、全部印刷になると思ってましたが、
やはり革を縫い付けた方が高価ですがレーシングスーツらしくなるそうです。



f0050651_19255348.jpg


カズちゃん、ステキすぎます。。
ゼヒ、皆さんにも現物を見ていただきたいものです。




レーシングスーツを作っていただいたのは東大阪の工房ジニアスさん。
ハラダさんのBlogが話の発端になってます。(多分半分冗談だったのかも?)

人間のレーシングスーツでは関西ではかなり高名な工房みたいです。
オーダーメードなのでかなり高額、しかし色々なライダーさんのBlogとかを探してみると
『ジニアスを着るのはステータス』、『ラップタイムが〇〇秒縮まった』、『ジニアス着ると絶対死なない』とか書いてあって、おいおいそんなとこにプエルのツナギなんて作ってもらっていいのか〜?
とも思ったのですが、プエルを連れて行って話をしてるとあちらもノリノリになっていただいたみたいなので型合わせとかでは結構無理を言ったかも知れません。
もっとも『妥協できない』性格でしょうからここまで仕上げていただいたのかもしれません。

ジニアスさん、ありがとうございました!!
[PR]

  by cobolhouse | 2012-09-02 20:15 | プエル | Comments(16)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE