2012年 09月 07日 ( 1 )

 

メイキングオブ レーシングスーツ episode1

プエルのレーシングスーツ。

作ることになったきっかけは『音速の理容師』ハラダさんのBlogのこの一言がきっかけでした。

***3/7のBlog***


『本皮の革ジャンなんてライダーっぽくていいカモ!
ジニアスさ~ん!』



よくBlogを読み返してみるとレーシングスーツではなくてハラダさんが言ってたのは革ジャンだったんですね!

うん?ジニアスさんって誰だろう? ってその時は思いました。
レーシングスーツなんてメーカーが作ってるのを買ってるくらいにしか思ってなかったから。。
数日後、会った時に聞いてみました。

以下会話はその時のを思い出して書いてます。
内容は大体こんな感じでした。

黒字:むにゃむにゃ 緑字:ハラダさん

「Blogに書いてたジニアスさんって誰?ツナギって作れんの?」
「あ〜僕が着てるレーシングスーツ作ってもらってるんですよ。プエルの作れるか聞いてみましょうか?」
「値段どれくらいするんかなあ?」
「どれくらいやったら作る気になります? バンダイのツナギがあるんやったらどれくらいするんですか?」
「う〜んバンダイのは大量生産してるからなあ。。」

「またジニアスさんにきいときます」



この時点ではハラダさんの言い方が軽かった(笑)ので、結構安いんかな?って簡単に思ってました。
そのあとバンダイのツナギがどんなのかをジニアスさんに写真を送ったり、もっと詳しく知りたいってことでバンダイのツナギをジニアスさんに送って大体の見積もりをしてもらいました。

その間に僕の方はすっかりレーシングスーツを作る気になってしまってました!!


***3/23***

で、ジニアスさんからの見積もりにビックリすることになります。
まあ、ハラダさんので¥40万くらい、子供のでも¥15万くらいで、
まだ人間のは何着も作ってらっしゃるから手際も良いだろうけど、新たな生き物(笑)のは小さいくせにもっと手間がかかるのは想像できます。

かなりビビったもののすっかり作る気になってしまってるので後へは引けません。
それに、もし出来ればプリモプエルの世界がもっと広がるんじゃないか?
って気持ちもあって、とりあえずプエルがどんなのかというのも知ってほしかったので
東大阪にあるジニアス工房へ直接行ってお話することにしました。



***4/30***

この日のBlogに書いたとおりですが、

f0050651_21544337.jpg

f0050651_21544773.jpg


行ってみたら意外と近い東大阪でした。

プエルを見てもらって、写真も見てもらって色々お話しましたが、
単車のレースのシーズンに入ったところでツナギ屋さんもこれから相当忙しくなるってことなので
またジニアスさんが空いた頃に連絡下さい。 それから話を詰めて行きましょうってことでこの日は帰りました。
ホントはカズちゃんを預けて型を作ってもらうのが理想だったのですが、預けるのが長くなりそうだし、あまり彼を扱うのに気を使わせてしまっても悪いのでバンダイのツナギで型で作るつもりでツナギを預けたままにしました。
場合によってはバンダイのツナギをバラして型取りするってことでしたが、これも結構貴重なので出来ればそのまま型取って……などとお願いしときました。




続きはまたね〜
[PR]

  by cobolhouse | 2012-09-07 22:07 | プエル | Comments(6)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE